アガリクスの効能・副作用は?がんとの関係性は?

daidaidenki1ko

がんの予防に効果があると話題のアガリクスはきのこの一種で、日本ではヒメマツタケという名所がつけられています。ブラジルのある地方に住んでいる人たちが長寿なのは、このアガリクスをよく食べているからではないかと、研究者が調べたところ、なんとこのアガリクスには、免疫の働きを活性化したり、がんに対して驚くべき効能があることがわかってきたのです。

マウスの実験では、がん細胞におかされたマウスに、生アガリクスから抽出したエキスを与えたところ、そのマウスの体内にできたがん細胞が小さくなったり、消失してしまったりしました。さらに研究を進めたところ、アガリクスには免疫力を活性化させる効果があり、それによってがんの増殖を抑えたということが分かってきました。

またアガリクスには、グルコースを主成分とするβグルカンという多糖体が含まれているのですが、この多糖体をがんのマウスに投入したところ、がん細胞が増殖する際にできる新しい血管の形成を阻害する効果があることがわかりました。血管が形成されないと、がん細胞に栄養がいきわたらないので、それ以上増殖していくことができなくなるわけです。さらに実験では、抗がん剤と併用してみたところ、その効果がより向上することもわかりました。

ところで、副作用に関して心配な方もおられることでしょう。アガリクスは医薬品ではなく健康食品ですので、基本的には副作用の心配はありません。人によっては、ごく稀に下痢や胃腸の不快感などが伴う事もあるようですが、それは副作用というよりも、むしろ好転反応と呼ばれるもので、症状が改善していく前によくみられるものです。したがって副作用に関しては過度に心配する必要はないでしょう。また、以前にキリンウェルフーズが販売していた「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒」の中に発癌プロモーター作用が認められたため販売停止となった事例がありますが、その他の製品は全く問題ありませんでした。

akaiekagfiu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>