アラビノキシランの健康効果は?ガン予防にもなる?

ikodakehikaru

アラビノキシランは、米や麦、とうもろこしなどのイネ科植物にふくまれるヘミセルロースの主成分です。米そのものには含まれていますが、玄米から精米された白米には含まれず、米ぬかの中に極わずかの量が含まれています。ヘミセルロースなどの食物繊維は分子構造が大きく、腸内で消化されずにそのまま排泄されますが、アラビノキシランは非常に小さな分子構造となっており、小腸で吸収されることで血液中に移行します。移行したアラビノキシランは人体の免疫機能に関わるマクロファージやNK細胞を活性化させ、全身の免疫力を向上させる働きがあります。特にNK細胞は細菌やウイルスに対する攻撃性を示し、体内に侵入してきた人体に害のある物質を積極的に殺傷する働きがあります。主に体の免疫機能を向上させるのが目的ですが、NK細胞は刺激を受けることでインターフェロンγを生産し、さらに細胞内のパーフォリンの形成を促すことでガン細胞の攻撃力を高める効果があります。

yasaike8

ガンに対する最も重要なNK細胞は、アラビノキシランによって活性化されるため、ガン予防や治療において期待されている成分であることは間違いありません。その中でも注目されている疾患は、B型およびC型肝炎、肝ガン、大腸ガンで、今後のガン治療のために日々研究されている成分でもあります。また、アラビノキシランは活性酸素除去を行う抗酸化作用があることでも注目されており、生活習慣病などの予防による健康だけでなく、美容にも使えるのではないかと期待されています。食事で補給することもできるアラビノキシランですが、含まれる食品がとうもろこしなどの限定的なものなので、効果的に摂取したい場合はサプリメントからとなります。特に問題となる副作用も報告されておらず、摂取量も決まっていないので気軽に補給することができますが、過剰摂取は人体に何かしらの影響を与えることにもなるので、ある程度の量で抑えておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>