ストレスに対抗?セントジョーンズワートって何?

matteyonana

セントジョーンズワートはセイヨウオトギリソウとも言われ、日本では止血や鎮静の薬として使用されてきました。海外では古代ギリシア時代からうつ病の薬として知られていて、ドイツやイギリス、スイス、ポーランド、ロシアなどの国々では現在でもうつ病の治療薬として認可されています。セントジョーンズワートはストレスにさらされている人の多い日本でもサプリメントとして手に入れることが出来ます。

ストレスの多い環境では、人間の脳内で幸せホルモンと呼ばれているセロトニンの分泌量が不足してしまい、神経を興奮させる働きのあるノルアドレナリンが過剰に分泌されています。本来ならリラックスして精神を休めるべき時間にもノルアドレナリンの分泌が増えてしまっているため、自律神経のバランスが崩れてしまいうつ病やホルモンの分泌異常、不眠症などが引き起こされていると言われています。そこで注目されているのがセントジョーンズワートです。セントジョーンズワートには脳内のセロトニンを増やしながら、セロトニンが細胞に吸収されて減ってしまうのを防ぎ、セロトニンが長く脳内にとどめておく働きがあります。この効果により安心感や満足感を得ることが出来、ストレスによる精神の不安定さを改善する効果があると言われていて、ストレスの解消効果が期待されているのです。

kokuhakusareta

「じゃあ、セロトニンを含んだものを食べればいいんじゃないの?」と思われますが、食べ物の中にはセロトニンを含んでいるものがありません。そのため、セントジョーンズワートのサプリメントやハーブティなどで摂取するのが手軽なのです。セントジョーンズワートは副作用がでにくいとも言われていて、過剰摂取した場合に起こる可能性のある日光過敏症や下痢や腹痛、めまいや口の渇きも、サプリメントなどを飲むことをやめるだけですぐに改善すると言われています。また、効果は継続して使用することで得られるため、1~2か月は飲み続けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>