大豆イソフラボンが女性におすすめな理由を教えてください

yasaike5

大豆イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳などに含まれており、大豆の胚芽にあるポリフェノールの一種です。大豆イソフラボンの構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ており、植物エストロゲンとも呼ばれます。更年期障害を緩和したり、美肌効果や骨粗しょう症を予防したりする効果があります。

更年期は40代半ばから起きてきますがこれは女性ホルモンが減少したり、生活環境の変化、ストレスなどによって引き起こされます。更年期障害はホルモンの影響が大きく、のぼせや多汗、ホットフラッシュ、頭痛、イライラ、うつ、などを引き起こし人によっては何年も症状に悩まされることがあります。

サプリメントや漢方薬を飲むことで症状がやわらぎますが、特に注目したいのは植物エストロゲンである大豆イソフラボンで、減少していく女性ホルモンを補ってくれる働きがあります。また、更年期から起きやすい骨粗しょう症を防いだり、肌の状態を良くしたりすることもできます。このため、更年期近くになったら積極的に摂取した方が望ましいとされています。

mizuipai11

ですが、閉経していない場合は女性ホルモンが常に分泌されているので、大豆イソフラボンをとりすぎてしまうと、血液の中のホルモンの値が変化してしまいます。その結果逆に生理不順になったり、卵巣機能に変化が生じたりしてしまいます。まだ閉経していない場合はとりすぎないように気を付けることが大事です。

なお、食品安全委員会に定められている1日の推奨摂取量は75mgです。豆腐一丁では60mg、納豆1パックでは33mg、味噌汁お椀1杯が6mg、豆乳1パック50mgとなっています。1日の上限摂取量のうち、サプリメントでの上限摂取量は30mgとなっているので、サプリメントを使用している場合は納豆のみにし、豆乳を飲むのを控えるようにします。

大豆にはカルシウムが流れ出すのを防ぎコラーゲンの生成を助けてくれる効果があります。健康維持だけでなく美容にも効果があるので、毎日継続して摂取すると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>