肝油エキスとはどんな成分?どんな効能がある?

mizuipai8

肝油は昔から健康に良いとされており、現在も肝油エキスなどのサプリメント、健康食品として販売されています。
昔は肝油ドロップなどとして栄養を補うために子供たちに配られていたこともあります。
目の健康を守ったり、骨の発育、病中病後の体力低下時などにも良いとされてきました。
そして古くから知られている成分ですが、具体的にはどんなものであるのか、どんな健康効果が期待できるものなのかはわからないという人もあるのではないでしょうか。

まず肝油はサメ、タラ、エイなどの肝臓に含まれる液体、もしくは搾り取って抽出した油のことを差します。

肝油には様々な豊富な健康成分が含まれていますが、代表的なものにスクアラミン、スクワレン、オメガ3脂肪酸などがあげられます。
肝油の主成分であるスクワレンはもともと人間の体にもある成分です。その効果は酸素を全身にいきわたらせることができ、新陳代謝を活発にするとされています。
血液を浄化したり、免疫力を高める、肝機能障害の改善、さらに美肌を作るのにも役立つとされている成分です。
スクワレンは化粧品にもよく使われている成分で、オイルや美容液などとしても利用されています。

肝油に含まれているスクアラミン。スクワレン、オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする効果も期待できるもので、動脈硬化の予防にも役立ってくれます。
さらに血液中の中性脂肪を下げたり、悪玉コレステロールを減らす効果もあり、健康維持にはもちろん、脂肪燃焼効果もあり、ダイエットにも役立ってくれます。

スクワレンは細胞膜を構成するコレステロールを作り出す効果もあり、アンチエイジングにも役立ってくれます。

肝油は現在ではソフトカプセルなどに加工されており、味や臭いも気にすることなく、手軽に摂取できるようになっています。
健康や美容のために取り入れていきたい成分ですが、ビタミンAやビタミンDも豊富に含まれていますので、過剰に摂取することなく適正な量を摂るよう心がけましょう。

mizuipai10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>