作成者別アーカイブ: shoishoi

カテキンの効果・効能は?摂取量の目安はあるの?

kotowaru

カテキンは、私たち日本人には緑茶に含まれる成分として馴染みの深いものです。緑茶の苦味成分は主としてこのカテキンです。化学的にはポリフェノールと呼ばれる化合物の一つであり、植物中に含まれるフラボノイドに近い形をしています。
その効果、効能についても研究が進められた結果、さまざまな働きがあることが分かってきています。
一つは、抗酸化作用です。カテキンには体内で発生する活性酸素を抑制、除去する効果があり、そのため老化防止、アンチエイジング作用があると考えられます。
次に、抗アレルギー作用です。花粉症などのアレルギー症状は、肥満細胞と呼ばれる細胞からヒスタミンが放出されることによって引き起こされますが、カテキンはこのヒスタミン放出を抑制する作用があることが分かっています。つまり、アレルギーの症状軽減にも役立つと考えられます。

kitingyoumu

その他、糖質代謝、脂質代謝を高める働きがあります。とくに脂肪に関しては、体脂肪が気になる人に、としてトクホが認められています。
このようにカテキンには様々な効果があることが分かっています。日本人が昔から緑茶に親しんでいるのは無意識のうちにこのような効果を実感しているからかもしれません。
カテキン摂取量の目安ですが、だいたい1日数百mgから1000mg程度と考えればよいでしょう。過剰摂取による副作用は、日本ではあまり認められていませんが、海外では肝臓障害を起こしたとする報告もあります。ちなみに緑茶1杯に含まれるカテキンの量は100mg程度です。数杯程度の緑茶を飲むことは日本人ではごく普通ですし、10杯程度飲む人もさほど珍しくありません。これで健康被害を起こしたというようなことは聞きませんから、1000mg程度であれば問題ないと考えられています。
ただし、あまりに過剰に摂取しても、それだけ効果が高まるわけではなく、逆に上に述べたような肝臓障害のリスクが高まるとも考えられますから、それは避けたほうがよいでしょう。

ストレスに対抗?セントジョーンズワートって何?

matteyonana

セントジョーンズワートはセイヨウオトギリソウとも言われ、日本では止血や鎮静の薬として使用されてきました。海外では古代ギリシア時代からうつ病の薬として知られていて、ドイツやイギリス、スイス、ポーランド、ロシアなどの国々では現在でもうつ病の治療薬として認可されています。セントジョーンズワートはストレスにさらされている人の多い日本でもサプリメントとして手に入れることが出来ます。

ストレスの多い環境では、人間の脳内で幸せホルモンと呼ばれているセロトニンの分泌量が不足してしまい、神経を興奮させる働きのあるノルアドレナリンが過剰に分泌されています。本来ならリラックスして精神を休めるべき時間にもノルアドレナリンの分泌が増えてしまっているため、自律神経のバランスが崩れてしまいうつ病やホルモンの分泌異常、不眠症などが引き起こされていると言われています。そこで注目されているのがセントジョーンズワートです。セントジョーンズワートには脳内のセロトニンを増やしながら、セロトニンが細胞に吸収されて減ってしまうのを防ぎ、セロトニンが長く脳内にとどめておく働きがあります。この効果により安心感や満足感を得ることが出来、ストレスによる精神の不安定さを改善する効果があると言われていて、ストレスの解消効果が期待されているのです。

kokuhakusareta

「じゃあ、セロトニンを含んだものを食べればいいんじゃないの?」と思われますが、食べ物の中にはセロトニンを含んでいるものがありません。そのため、セントジョーンズワートのサプリメントやハーブティなどで摂取するのが手軽なのです。セントジョーンズワートは副作用がでにくいとも言われていて、過剰摂取した場合に起こる可能性のある日光過敏症や下痢や腹痛、めまいや口の渇きも、サプリメントなどを飲むことをやめるだけですぐに改善すると言われています。また、効果は継続して使用することで得られるため、1~2か月は飲み続けるようにしましょう。

アリシンの効果とは?サプリメントで摂取することもできる?

akakasakimono

ニンニクやタマネギに含まれる成分のアリシンは独特の匂いとか辛みのもととなる成分です。アリシンには健康的な生活をするためにとても良いものとなります。抗血栓作用が血液をサラサラにして、血液中の脂質を減らす効果もあることから、動脈硬化、糖尿病、高血圧予防といった生活習慣病の予防にもとても良いと言われています。それをビタミンB1と一緒に摂ると、新陳代謝が活発となり慢性的な疲労の早い回復が望めます。疲労した時に大切なビタミンB1ですが、それを多く摂っても排泄されてしまうのですが、アリシンと結びつけることで長く血液中にとどまるようになり疲労に対しての効果を高めてくれます。風邪なども引きにくくなっていきます。疲労回復にニンニクが良いと言われるのにはニンニクにはビタミンB1があるからです。うまく眠ることができない時もアリシンが持つ催眠効果で神経を落ち着かせて不眠の改善へと期待できます。

matiaibyoutou

そしてアリシンが持っているもので嬉しいのは抗酸化作用があることです。老化や全ての病気の原因ともなる酸化に対して抗酸化作用を発揮してくれるのです。発ガンを抑制したり、ピロリ菌にも効果があることが分かってきました。アリシンの効能や効果には、殺菌作用があり風邪の予防、そして改善。疲労回復。血栓の予防、改善。血中の脂肪を燃焼させてコレステロール値を下げる。膵臓の働きを良くしてインスリンの分泌を良くする。などと多くのものがあります。ニンニク、タマネギ、ニラなどに含まれているアリシンは熱に弱く、水に溶けやすいという性質をもっています。健康にとても良いと言われているものですが、それを毎日食べるには努力が要ります。匂いが気になるという人が多く、その匂いは周りの人を不快にさせてしまうこともあります。そうなると、サプリメントで摂取することはおすすめの方法になります。健康食品のサプリメントは匂いも全く気にならずに毎日簡単に摂ることができます。

アラビノキシランの健康効果は?ガン予防にもなる?

ikodakehikaru

アラビノキシランは、米や麦、とうもろこしなどのイネ科植物にふくまれるヘミセルロースの主成分です。米そのものには含まれていますが、玄米から精米された白米には含まれず、米ぬかの中に極わずかの量が含まれています。ヘミセルロースなどの食物繊維は分子構造が大きく、腸内で消化されずにそのまま排泄されますが、アラビノキシランは非常に小さな分子構造となっており、小腸で吸収されることで血液中に移行します。移行したアラビノキシランは人体の免疫機能に関わるマクロファージやNK細胞を活性化させ、全身の免疫力を向上させる働きがあります。特にNK細胞は細菌やウイルスに対する攻撃性を示し、体内に侵入してきた人体に害のある物質を積極的に殺傷する働きがあります。主に体の免疫機能を向上させるのが目的ですが、NK細胞は刺激を受けることでインターフェロンγを生産し、さらに細胞内のパーフォリンの形成を促すことでガン細胞の攻撃力を高める効果があります。

yasaike8

ガンに対する最も重要なNK細胞は、アラビノキシランによって活性化されるため、ガン予防や治療において期待されている成分であることは間違いありません。その中でも注目されている疾患は、B型およびC型肝炎、肝ガン、大腸ガンで、今後のガン治療のために日々研究されている成分でもあります。また、アラビノキシランは活性酸素除去を行う抗酸化作用があることでも注目されており、生活習慣病などの予防による健康だけでなく、美容にも使えるのではないかと期待されています。食事で補給することもできるアラビノキシランですが、含まれる食品がとうもろこしなどの限定的なものなので、効果的に摂取したい場合はサプリメントからとなります。特に問題となる副作用も報告されておらず、摂取量も決まっていないので気軽に補給することができますが、過剰摂取は人体に何かしらの影響を与えることにもなるので、ある程度の量で抑えておくと良いでしょう。

アガリクスの効能・副作用は?がんとの関係性は?

daidaidenki1ko

がんの予防に効果があると話題のアガリクスはきのこの一種で、日本ではヒメマツタケという名所がつけられています。ブラジルのある地方に住んでいる人たちが長寿なのは、このアガリクスをよく食べているからではないかと、研究者が調べたところ、なんとこのアガリクスには、免疫の働きを活性化したり、がんに対して驚くべき効能があることがわかってきたのです。

マウスの実験では、がん細胞におかされたマウスに、生アガリクスから抽出したエキスを与えたところ、そのマウスの体内にできたがん細胞が小さくなったり、消失してしまったりしました。さらに研究を進めたところ、アガリクスには免疫力を活性化させる効果があり、それによってがんの増殖を抑えたということが分かってきました。

またアガリクスには、グルコースを主成分とするβグルカンという多糖体が含まれているのですが、この多糖体をがんのマウスに投入したところ、がん細胞が増殖する際にできる新しい血管の形成を阻害する効果があることがわかりました。血管が形成されないと、がん細胞に栄養がいきわたらないので、それ以上増殖していくことができなくなるわけです。さらに実験では、抗がん剤と併用してみたところ、その効果がより向上することもわかりました。

ところで、副作用に関して心配な方もおられることでしょう。アガリクスは医薬品ではなく健康食品ですので、基本的には副作用の心配はありません。人によっては、ごく稀に下痢や胃腸の不快感などが伴う事もあるようですが、それは副作用というよりも、むしろ好転反応と呼ばれるもので、症状が改善していく前によくみられるものです。したがって副作用に関しては過度に心配する必要はないでしょう。また、以前にキリンウェルフーズが販売していた「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒」の中に発癌プロモーター作用が認められたため販売停止となった事例がありますが、その他の製品は全く問題ありませんでした。

akaiekagfiu

霊芝(れいし)ってどんなキノコ?健康に良いの?

yasaike

霊芝はサルノコシカケ科のキノコで、マンネンタケと呼ばれることがあります。湿度の高い山林に自生します。日本では北海道から九州にかけて人工的に栽培されており、夏と冬の気温差が大きい長野県が最も適した場所です。霊芝の胞子を包む殻は非常に硬くて発芽しにくいため、ウメやナラ、クヌギの古木が10万本あっても2本~3本しか生えていません。見つけること自体難しいので、中国では発見しても親兄弟に内緒にしたり、村中で祝ったりします。中国と霊芝との関係は深く、中国医学では上薬に分類しています。病気を治すためではなく、長期間服用することで元気な体を作る目的があります。硬くて噛みきれないため、料理に入れることはなく、お茶にしたりサプリメントに配合したりして摂取します。霊芝にはβ‐Dグルカンを含むので、免疫力がアップします。人間の体はウイルスが侵入すると免疫機能が働いて、白血球のマクロファージが異物が害であるかを判断します。β‐Dグルカンは。ナチュラルキラー細胞やマクロファージを活性化させます。免疫機能が正常に働けば、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を軽減します。また血液をサラサラにします。がん患者の血液は粘度が高いとされ、症状が回復するとサラサラになります。よって霊芝はがんを予防したりコレステロール値を下げたりする効果があります。血液の流れがよくなり浄化されると、肝臓や腎臓にもきれいな血液が送られてきます。これらの臓器が元気になれば様々な病気や不調を防げます。例えばお酒を飲む前に霊芝を摂取すれば、翌日の二日酔いがなくなります。現在の医薬品は腎臓病に対する特効薬がありませんが、血液をきれいにして根本的に腎臓機能を向上させれば、腎臓病で通院することもありません。肝臓と腎臓の病気は進行するにつれて免疫機能を低下させる合併症を引き起こしやすいため、霊芝はあらゆる角度から病気を予防します。

iewomottemiru

大豆イソフラボンが女性におすすめな理由を教えてください

yasaike5

大豆イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳などに含まれており、大豆の胚芽にあるポリフェノールの一種です。大豆イソフラボンの構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ており、植物エストロゲンとも呼ばれます。更年期障害を緩和したり、美肌効果や骨粗しょう症を予防したりする効果があります。

更年期は40代半ばから起きてきますがこれは女性ホルモンが減少したり、生活環境の変化、ストレスなどによって引き起こされます。更年期障害はホルモンの影響が大きく、のぼせや多汗、ホットフラッシュ、頭痛、イライラ、うつ、などを引き起こし人によっては何年も症状に悩まされることがあります。

サプリメントや漢方薬を飲むことで症状がやわらぎますが、特に注目したいのは植物エストロゲンである大豆イソフラボンで、減少していく女性ホルモンを補ってくれる働きがあります。また、更年期から起きやすい骨粗しょう症を防いだり、肌の状態を良くしたりすることもできます。このため、更年期近くになったら積極的に摂取した方が望ましいとされています。

mizuipai11

ですが、閉経していない場合は女性ホルモンが常に分泌されているので、大豆イソフラボンをとりすぎてしまうと、血液の中のホルモンの値が変化してしまいます。その結果逆に生理不順になったり、卵巣機能に変化が生じたりしてしまいます。まだ閉経していない場合はとりすぎないように気を付けることが大事です。

なお、食品安全委員会に定められている1日の推奨摂取量は75mgです。豆腐一丁では60mg、納豆1パックでは33mg、味噌汁お椀1杯が6mg、豆乳1パック50mgとなっています。1日の上限摂取量のうち、サプリメントでの上限摂取量は30mgとなっているので、サプリメントを使用している場合は納豆のみにし、豆乳を飲むのを控えるようにします。

大豆にはカルシウムが流れ出すのを防ぎコラーゲンの生成を助けてくれる効果があります。健康維持だけでなく美容にも効果があるので、毎日継続して摂取すると良いです。

肝油エキスとはどんな成分?どんな効能がある?

mizuipai8

肝油は昔から健康に良いとされており、現在も肝油エキスなどのサプリメント、健康食品として販売されています。
昔は肝油ドロップなどとして栄養を補うために子供たちに配られていたこともあります。
目の健康を守ったり、骨の発育、病中病後の体力低下時などにも良いとされてきました。
そして古くから知られている成分ですが、具体的にはどんなものであるのか、どんな健康効果が期待できるものなのかはわからないという人もあるのではないでしょうか。

まず肝油はサメ、タラ、エイなどの肝臓に含まれる液体、もしくは搾り取って抽出した油のことを差します。

肝油には様々な豊富な健康成分が含まれていますが、代表的なものにスクアラミン、スクワレン、オメガ3脂肪酸などがあげられます。
肝油の主成分であるスクワレンはもともと人間の体にもある成分です。その効果は酸素を全身にいきわたらせることができ、新陳代謝を活発にするとされています。
血液を浄化したり、免疫力を高める、肝機能障害の改善、さらに美肌を作るのにも役立つとされている成分です。
スクワレンは化粧品にもよく使われている成分で、オイルや美容液などとしても利用されています。

肝油に含まれているスクアラミン。スクワレン、オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする効果も期待できるもので、動脈硬化の予防にも役立ってくれます。
さらに血液中の中性脂肪を下げたり、悪玉コレステロールを減らす効果もあり、健康維持にはもちろん、脂肪燃焼効果もあり、ダイエットにも役立ってくれます。

スクワレンは細胞膜を構成するコレステロールを作り出す効果もあり、アンチエイジングにも役立ってくれます。

肝油は現在ではソフトカプセルなどに加工されており、味や臭いも気にすることなく、手軽に摂取できるようになっています。
健康や美容のために取り入れていきたい成分ですが、ビタミンAやビタミンDも豊富に含まれていますので、過剰に摂取することなく適正な量を摂るよう心がけましょう。

mizuipai10

高麗人参の効果・効能・副作用を解説

byoumatiaa

高麗人参は、ウコギ科に属するオタネニンジンの一般的な名称で、漢方の分野では単純に人参と呼びます。形が人間の手足によく似ているために、人参という名称が与えられ、気を補う力が極めて強い生薬として珍重されるようになりました。神農本草経では上品に分類され、人参湯などの多くの漢方薬に配合されています。

漢方的な効能としては補気健脾になることが有名で、体力や気力を回復させるために用いられます。有効成分のジンセノサイドには、血流を促進したり、血糖値を下げるなどの効能があります。そのため、漢方では糖尿病の症状で苦しむ患者に対しても使われてきました。現代では抗糖尿病の効果が正確に確認されて、伝統的な薬効の再検証が行われました。

高麗人参は補気剤の代表格であるため、服用すれば気虚の状態が改善し、体全体の自然治癒力が高まります。補気剤として有名な補中益気湯では、主薬の黄耆の働きを助け、補気健脾の作用を強力にします。十全大補湯の場合でも、黄耆や白朮と一緒に気を補い、気血の巡りを調整する働きをします。

高麗人参を家庭で使う場合には、薬膳の方式に従って、補気の作用がある鶏肉と一緒に使うことがあります。韓国では参鶏湯という料理で使われて、スタミナ増強の効果を引き出しています。台湾では十全大補湯のスープを作ることが盛んで、高麗人参の成分を身近に吸収できる食文化が発達しています。

上薬に分類される高麗人参ですから、長期的に服用しても良いのですが、副作用が全くないわけでもありません。高麗人参は温性となるため、体力が極端に弱い人が服用すると、のぼせの症状を感じることがあります。あるいは、胃腸が極端に弱い人が使う場合にも、吐き気などの症状が出る場合があります。

体力が弱い人に対しては、最初には寒涼性の西洋人参を用いて、後から高麗人参を使う工夫もあります。韓国では野菜としても使われる食材ですから、極端に心配する必要はありませんが、使う場合には医師や薬剤師に相談することも大切です。

mizuipai7

女性に人気?月見草オイルにはどのような効果があるのか?

kireisyo003

月見草はアカバナ科マツヨイグサ属の二年草で、花が咲く夕方だけです。メキシコが原産で、日本の環境では自生できません。月見草の種子は低温で圧搾するとオイルが抽出されます。この月見草オイルは英語ではイブニングプリムローズオイルと呼ばれ、母乳や粉ミルクにも含まれるγ‐リノレン酸を含みます。γ‐リノレン酸は新陳代謝を活性化させて免疫力を向上させるので、美肌になります。アトピー性皮膚炎やアレルギー反応を抑えるので、ひどい肌荒れにも対処できます。また女性ホルモンのバランスを整えることで、PMSや生理痛、更年期障害を改善します。さらに血中の中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やすので、ダイエットにも有効です。リノール酸も含んでおり、エモリエント効果で肌に潤いを与えます。月見草オイルは適量を手にとって肌に塗ります。伸びが良いので少しの量でもマッサージでき、カサカサした肌をすぐに保護します。手のひらで温めて使うと浸透率が上がって、さらに美肌効果が期待できます。他のマッサージオイルと比べると価格が高いので、別のオイルとブレンドして使うことが多いです。ただし酸化しやすい性質を持っているので、長期間放置すると有効成分が十分に効果を発揮できません。抗酸化作用のあるビタミンEを配合したホホバオイルやアーモンドオイルを混ぜて保管すると、品質劣化を防ぎ使い心地もさらに軽くなります。オイルを入れる容器が金属製だと酸化を促進するので、ガラス製の遮光瓶で紫外線の影響を防ぎます。月見草オイルは、オリーブオイルのようにサラダにかけて食べることもあります。しかし日本では食用として販売されていないので、マッサージでしか使えません。元々甘い香りが強いので、食事に混ぜても味を落とす可能性があります。γ‐リノレン酸を口から摂取したい時は、月見草オイルを配合したサプリメントを服用します。ブタクサアレルギーの人は月見草オイルでアレルギー反応が出るので使用禁止です。

PMSサプリでイライラを改善

tanosisugitedounikasichau